2009年08月25日

卒論の講評

卒論の結果通知を受け取り、うかれポンチ(死語)となったsuzuka号。無為に時を過ごしております(反省)。

しかーし。
そんな浮わついた私に喝を入れたのは、卒論の講評。
再度読み返してみると、指摘事項がてんこ盛り。
このままでは、面接当日、質問に舞い上がり、撃沈がく〜(落胆した顔)する自分が目に見えるようだ…あせあせ(飛び散る汗)というわけで、
まずは、先輩方のブログなどを読ませていただくことに。

ソムタム師匠のブログに講評のことが詳しく書いてありましたよ。
言い得てますなー。
私の講評もまさにA4 1枚びっしり指摘事項。
私の主張に対する鮮やかなツッコミにほれぼれハートたち(複数ハート)…している場合じゃなかった。
あぁ。どうしようとむやみに焦りはじめました。

面接までに、自分の主張がうまくまとめられるかなぁ。
あぁ、どうか面接の場が戦場ではなく、和やかな空間でありますように(祈)。



posted by suzuka at 12:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 卒論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。