2009年02月07日

再始動

皆さん、あたたかいコメントをありがとうございました。
持つべきものはお仲間だと思いました。

通知が来たときは「次出しても不合格だったらどうしよう」
と謎の不安に駆られたりしましたが、
悩んでいても何もはじまらない。

そんなわけで、気を取り直して再始動です。
昨日から「卒論ハンドブック」読み直してます。

卒論は、今のテーマで全面的に書き直すつもりです。
自己の見解をまとめなおして、
ちゃんとした「論文」を作っていかなくては!
3月の卒論レポートに向かって、修正を図ります。

気合だー。


追伸:卒論に関してアドバイス・批判などいただけると
大変うれしいです。ぴのきち経由でメール送ってくださる方歓迎です。
posted by suzuka at 11:57| Comment(14) | TrackBack(0) | 学生生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
さすが中央大学法学部、どこぞのローよりも厳しいですね・・・・。

伊藤塾長曰く(←シンパではありません・汗)、試験はちゃんとその人にとって一番良い時期に合格できるようになっているそうです。くじけずに頑張ってくださいね。きっと充実した時間になると思います。
Posted by ともろう・法 at 2009年02月07日 20:48
早くも再始動・・さすがです。
再挑戦、suzukaさんはきっと、
大きなプラスに変えてしまうと思います。
気合だ×10〜!(byA浜口)で頑張りましょう!
Posted by こう at 2009年02月07日 21:39
いうよねぇ〜(笑
早速の気合い、私にも伝わってきます!
がんばるよねぇ〜
Posted by bibaian at 2009年02月08日 10:34
始動!(((
中大根性!気合でかましてやりましょう!
私も今後、卒論レポの
@提出→Aご指摘→B訂正
の4工程をアップしますので
お暇なときに見てやって下さい!
応援しています!!


Posted by まさやん at 2009年02月08日 14:09
通教事務室を通じて、不合格となった卒論の
問題点、何が足りなかったのか?などについて、
審査をされた先生に聞いてみては如何でしょう?
そうすれば、補充箇所がはっきりします。

ところで先週は日帰りで千葉に出張でした。
それと、教えて欲しいのですが、このブログで
コメントにメールアドレスを入れた場合、
私のメルアドは公開されず、私にメールが
届くしくみになっているのでしょうか?
Posted by 肩コリン星人 at 2009年02月08日 18:02
ともろう・法さん
なるほど、合格にも自分にあった時期があるんですね。精進したいと思いまっす。

こうさん
ここでどよーんとしてると本当に引きこもりそうなので(笑)とりあえず動きはじめました。
気合いれてくれてありがとうございます!

bibaianさん
この気合を継続できるよう
がんばらないとねぇ〜

まさやんさん
中大根性、地味でもじわっとって感じしません?
ええ、がんばりますよー。
まさやんさんの日記、勉強になりますので、更新楽しみにしてますね。

肩コリン星人さん
そういうことって、できるんですか?
今はいろんな方にアドバイスをお願いしたいところなので、自分の意見をまとめてから聞いてみます。

ブログのコメントの件は調べてみますね。
少々お待ちくださいませ。

Posted by suzuka at 2009年02月09日 08:31
自分の卒論の不合格理由は教えてもらえる
のでは?通教事務に電話をして、OKなら、
文書で質問を出す形になると思います。

私は、卒論提出前に、自分の卒論の著作権の
帰属について質問しました。最初は電話で
聞いて、その後、文書で質問状を出すように
指示が来ました。回答が来るまで約1ヶ月
かかりました。

聞いた理由は、添削で、文章の中身が変わった
場合、インストラクターの文章の方が多く
なると、創作者がどちらになるかわからない?
と思ったからです。

しかし、実際には、佐藤恵太先生の直接指導に
なり、厳しかったのは言うまでもありません。
Posted by 肩コリン星人 at 2009年02月09日 22:24
さすがsuzuka隊長、応援しますよ☆
中身はわかりませんが、形式的には、
・自分の考え
・他人の考え、学説、判例
を蛍光ペンで枠で囲ってみることをお勧めします。
論文の中で、ちゃんと自分の考えの筋をつかめるか、自分の考えは独りよがりではなく、他人の考えや学説判例で補強されているか、など
チェックできますよ。
Posted by ソムタム at 2009年02月11日 20:52
肩コリン星人さん

知財らしい質問ですね。
質問したいこと、まとめてみようと思います。
指導いただく機会はたくさんあったほうが良いですから。
それにしても、佐藤先生のご指導は厳しそうです。。。
メールアドレスについては、調べてみたのですが、ちょっとよくわからないです。
あとでまたテストしてみますね。
Posted by suzuka at 2009年02月12日 08:39
ソムタム師匠

論点について再考しておりました。
こうやって考えを整理するの、いいですね。
参考になります。
いろいろ教えてください〜。
Posted by suzuka at 2009年02月12日 08:40
私は卒論添削指導会で、テーマが良くないと言われ続けていましたので、3回の添削が終わった後もなんだか自信がなくて、その年は卒論の提出をあきらめました。
その後半年間を考え続け、新しいテーマで、もう一度卒論添削指導会に参加しました。テーマがよければ、ぐっと合格に近づきますと先生からメッセージを頂いたので、かなり重要なようです...。

次回提出まで時間がまだあります!!
絶対大丈夫☆応援しています!!
Posted by 花八 at 2009年02月15日 22:01
花八さん
応援&アドバイスありがとうございます。
心にしみます。
花八さんは1年間卒業をのばしてじっくり取り組まれたんですね。。。
私も添削は今年もお世話になるつもりです。
まだ1回にするか3回にするか悩んでいます。
Posted by suzuka at 2009年02月17日 21:11
私も通信制大学への進学を検討している者です。いろいろな方のブログを拝見したり、ネットで調べたりしているのですがわからない事が多くて・・・。
一つ教えて頂きたいのですが、卒論の担当指導員、てどのようにして決めるんでしょうか??通信制ならゼミの先生が指導員、になると思いますが。
宜しければ教えて頂けますか?
通信制は情報が少ないし相談できる人もいないのがネックです・・・。
Posted by 鹿の子 at 2009年03月08日 10:29
鹿の子さん

ようこそお越しくださいました!
卒論についてですが、中大の場合は、卒論指導を申し込むと、大学のほうで指導者を選んでくれるイメージです。
卒論の採点についても同様です。
学部のようにゼミに入って、その教授が指導という形ではないのです。

通教は確かに情報がつかみきれないですよね。
でも事務室に問い合わせると親切に教えてくださいますし、学生もわかることなら何でも答えます。
がんがん質問してくださいね!
そして、一緒に学ぶことができたら本当にうれしいです。
Posted by suzuka at 2009年03月09日 20:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113830568
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。